狐につままれる日常

土佐っ子の旦那様と居候の猫と長毛秋田犬に時々トイ・プーな、てんやわんやの獣くさいブログ。※記事の画像はクリックで大きくなります。たぶん。

錦織公園

野菊 010 日曜日の朝は錦織公園までお散歩に行くのがほぼ定番となってきました。(行かない日もあるけど)

今日で三度目?四度目?初めて行った日はまだまだ早朝でも暑い時期というのもあり、慣れない道であっちへフラフラこっちへフラフラとかなり時間をかけて公園まで行っていたのですが、今日はほぼほぼ普通に人間が歩くようなスピードで公園まで到達。

出発時点で「今日は出るのが遅い(朝七時を10分くらい過ぎてました)から、カフェには寄れないかもねぇ…」と言っていたのを聞いたのかしら。急いでくれてありがとね、のんちゃん。

だりだり歩いてくれたおかげで半過ぎには公園へ到着。いつも通りネコさん達のストーキングです。

野菊はネコさんが好きだけど、ネコさんは野菊が嫌いなので近づきすぎると「シャーーー」と威嚇されます。
まだ生後半年にも満たなさそうな子猫が居るので余計かもしれませんね。
野菊はとても寂しそうに遠くから子猫を愛でていましたよ。
福豆さんがちょっと珍しい猫なんだよ。普通は野良じゃなくてもこうだろう、多分…。

野菊が急いでくれたおかげで時間も間に合いそうだし、今朝もカフェのオーナー&看板犬のゆうたろう君に出会ったこともあってカフェへ。
モーニング食べちゃうぜ~

乾杯

bi-ru 25日、旦那様の34歳のお誕生日だったのでお祝いに近所のおいしい個人店の居酒屋へ行ってきました。

はい、かんぱーーーい。

お酒もお料理もおいしいんですよね、ここ。

ついつい頼みすぎてしまいます。

本当はご飯物もおいしいのでぜひ食べたかったのですが、頼んだ物をやっつけるのでもう精一杯で…

sasimi こんなんとか食べちゃったしね。しあわせ~~

まぁ今年は生活激変ですよね。
野菊の参入で。

毎回毎回驚いちゃうんですけど、うちの旦那様は犬も猫も大嫌いだったんですよ。特に猫。

「目が気持ち悪い、泣き声が気持ち悪い。ぞっとする!」と猫嫌いの第一人者なくらいだったんですが(あれさ、虐待する人って本当に猫とか犬嫌いなんかね。普通嫌いだったら関わるのも嫌なんじゃない? 虐待する人は歪んだ性欲持ってるみたいなものなのか??旦那様は見ると目をそらしてたから、触れるし引き取れるけど嫌い、とか不思議に思うよ。)福豆氏がおうちに来てからは駐車場の野良猫でも可愛い、と寄って行き、「犬とかうっとおしいんだよ、まとわりつかれると迷惑」といっていた犬も、野菊を飼ってからは散歩中のわんこを撫でている。

動物好きだと人が良さそうに見えるから外見がきつい人は動物好いてたほうが得だね~~。笑

まぁでも犬飼いだしてから、犬に吼えられることが極端に少なくなった、旦那様。なんかオーラに滲み出てるんかしら。

あ、くれぐれも言っておきますが…野菊を飼いたいと選んだのはうちの旦那様のほうですよ?
私は犬好きだし猫好きだし、しかも普段夫婦間のイ二シアチブを強奪してるように見えているので勝手に飼い出したように思われてそうですけど、「これ飼いたい…」と一目惚れしたのは旦那様ですからね!

まぁ最初は私が大型犬が好き(正確に言うと中型以上)という話を前々から伝えていたので大型犬を選んでくれたんだと思っていたら、秋田犬が大型犬だということすら知らずに選んでいたということに驚きましたが。

「ミホチャン犬飼ってたし好きだからお世話お願いします。僕躾とかわかんないから! 飼いたいけどミホチャンがいいならでいいよ!」という流れだったんですよ?
まぁ、私も戸建買った時から犬はいつか飼えるなら飼いたかったし、有難い申し出だったけどね。

うん、君に犬の躾とか最初から期待してなんかいないから安心したまえ。
ちゅうか、普通に考えて飼ったことない人に無理でしょ。あぁ、語弊があるな、飼った事ないはともかく興味の無かった人には無理でしょ。ダイジョブダイジョブ、任せとけ。

福豆も野菊ももちろん人間二人もどんどん年をとっていくんだろうけど、みんなで仲良く暮らしたいね、と酔っ払った二人で二匹の待つ家に千鳥足で帰宅したのでした。

犯人は何らかの方法で被害者を殺した…あなたですね、◎◎さん?

夢の中で私は名探偵コナンでした。

巷では連続神隠し事件が頻発しており、目撃者の証言では犯行寸前にどの現場でも赤鬼の姿が目撃されとりました。目撃者は一様に、赤鬼が被害者を飲み込んだ、というのです(この辺りの事件概要はどちらかというと金田一少年だよな~)。

そして、ついに私達の一行の目の前で犯行が!
窓の外に巨大な赤鬼の顔が映ったと思うと、窓ががらりと開いて、おおきなスポンジ製のペロチューみたいな張りぼてがあらわれ、それの口にごっくんと挟みこまれる形で被害者がさらわれて行きました。

名探偵はペロチューの柄を持つ小太りの女性の姿を見逃しません!

犯人は一行の中のあの女性・・・しかし、ここで更に気づくのが名探偵なのです!実行犯はあの女性だが、彼女を陰で操っている奴が居る!

関係者を全員集めて推理披露会です。実行犯と疑われる女性、その女性が飼っているラフ・コリー、そして関係各位の老若男女数名…

「犯人は・・・・あなただ!!」

私はラフ・コリーのマズルをパーン!とひっぱたきます。
するとなんということでしょう。ラフ・コリー特有の長いマズルは何処ぞへ飛んで行き、現れたのは雑種犬。そう、ラフ・コリーと思われていたのは雑種犬で、ダンボールで作ったマズルと長い被毛のコートを着て変装していたのです。

聞けば今の飼い主の女性は二代目。以前の飼い主に雑種であることを口汚く罵られ、ラフ・コリーであるように強要され続けた悲しい過去のある彼でした。長く自身を否定され続けたことにより犬格の歪んだ彼は恐ろしい殺人鬼となります。
現在の彼女は彼の過去を知り、そして凶行を知りつつも愛ゆえにその犯行の片棒を担いでしまっていたのです。

いやー名推理でしたね。(どこが)

あれですね、よく昔からある「犯罪者(男)が女装して別人に成りすましたいた」って常套手段ですね。

そして犯罪の全貌もまた金田一チックでした。コナンである必要ないがな。

そんな今朝の夢。

起きた瞬間から笑えた。
Twitter プロフィール
のんちゃんの自由気ままツイッター
記事検索
最新コメント