狐につままれる日常

土佐っ子の旦那様と居候の猫と長毛秋田犬に時々トイ・プーな、てんやわんやの獣くさいブログ。※記事の画像はクリックで大きくなります。たぶん。

2018年12月

港の男

 帰省の楽しみ、茶羽君とデート。
いつも海(島)で会うので、さしずめ野菊の「港の男」…でしょうかw

IMG_0402IMG_0407

 いつの間にか(昔から?)虹ケ浜には猫がいっぱいw 野良猫ってなんか魅力的だよね。まぁなりたいかって言われてもなりたくないけど。私はセレブに飼われてる甘々に甘やかされたペットがいいです。

IMG_0484IMG_0498

野菊 「あっ…来た…」

 野菊さん、振り返って見てますね。笑 茶羽さん、ご登場。今年はロマーシカちゃんのスカジャンをクリスマスプレゼントに従妹に貰ったので、皆で事前に打ち合わせてスカジャン揃えしたんですよ~( *´艸`)

CIMG7491CIMG7505

 ついでにワテクシも…。

IMG_0592

 野菊さんぐらさんはカッツミーさんのお手製ジャーキーの虜。
めちゃくちゃ美味しいみたいで、目がらんらんと輝いています。

CIMG7562CIMG7530
 
 …で、なぜか茶羽さんは従妹のあこちゃんに首ったけ。

どどど、どうした!? と周囲が驚くラブラブっぷり。
 怪訝な顔をしているぐらさんがわらける。笑


 カッツミーさん茶羽さん、忙しい大みそかの朝にお時間作っていただいてありがとうございました! いつも年末年始とかお盆とか、忙しい時期に限って連絡してゴメンナサイ。立て込まない時期…2020年、また二月に法事で帰省予定あるから 時間が合えば飲み会しましょう!(先の話だなぁ~w) いやぁ、犬ありだと基本酒は飲めないので…

 カッツミーさん&茶羽君とは虹ケ浜でお別れ。

 我々はその後どうしますか、とお散歩はしごの為に室積方面へ。

CIMG7576

CIMG7573

 ボートハウスお休みで、あけみ屋umiも移転? 最悪コンビニでなんか買うか~って走ってた時に通りすがりに見つけて寄った室積のサンドイッチ屋さん。

「三角屋」さん、まだお若いご夫婦がなさっていて。イートインできますが勿論持ち帰りOKデス。

 ご主人が千葉の方だったんですよね。

「僕とか外から来た人間だからホントこの辺素晴らしい何でもあるな、特別なことしなくても代替の効かない海と夕日があって、特別な事なんもしなくてもウリがある、強みがあると思うんですけど、地元の人は『ここは田舎じゃけぇなんもない、しょうもない』ってイルミネーションとか東京の真似しようとするんですよね」って話をしまして。

 ほんとにね、そうなの。規模もかけられる予算も段違いなんだから大都会の真似したって「しょっぼ!」て言われるだけなの。

 何時間でも居てられる浜辺と毎食食べても飽きないお魚があれば十分じゃないか。海なし県の人間涎たらすで?

三角屋のマスター、犬連れさんやライダーさん、マリンスポーツ好きさん向けにどんどんお店改良していきたいみたいでどんな感じが嬉しいですか?って話をこんこんとしてきました(笑)

サンドイッチもめっちゃ美味しかったので、カッツミーさん絶対今度行って(笑)ベジカツサンド超おススメです~!

 サンドイッチ買って笠戸島へ。今は閉鎖されている深浦の方の白浜海水浴場?の方がなかなか素晴らしいと聞いたのでそっちに言ってみたんだけど結構あるかないかん上にどうも道間違えた? ここじゃないよね多分…てとこに出て、もういっか、とそのまま三人でランチタイム。

CIMG7607CIMG7583

 風は冷たいけどお天気よくて海が綺麗でした。


年末なので

BlogPaint

 正月くらいまともな髪しとかにゃーということで美容院行って来たんですけど、失敗した…。

前髪下ろしてみたら市松人形に(;´Д`) 美容師さんが「特に決めて流さないんだったら下ろしといたほうがいいですよ」って言うから下ろしたんだが。。。 うーーん、なんかこう…中年の前髪、似合う人ならいいんだけどちとワテクシ痛くない…?

 まぁ本人が気にしてるほど周りは何も思わないだろうけど。はよ伸びれ~。

髪色はパープル系の何からしい。黄色っぽく退色するのを防げるって話。す~~ぐ色抜けちゃうからなー。母親の血か年齢の割に白髪はないんで(母親死ぬまで髪ほぼ黒かったし)そこはありがたいんだけど、ブリーチしてないのにカラーリングをしてたらやっぱ退色すると金髪っぽくなるんだねぇ。

来る

監督で作品選んでたつもりなかったんだけど、下妻物語も嫌われ松子も告白も渇き。も全部劇場で観たな。中島監督作品と相性合うみたい。他だとガイ・リッチーと北野武は全部観とる。劇場ではないけど。

====以下、鑑賞後====

と、いうわけで中島哲也監督作品「来る」観てきました。ホラーではなくイヤミスに近いオカルトアクションでした!好きなジャンルですけど、これってただただホラー観よーって見に来た人には結構厳しいもやもや顛末! おかげで夜のトイレも怖くないですけど。…原作気になる。松たか子がやってた最強ユタ(…なのか?沖縄出身だからユタかなーと思ったけど謡いとかなくてお祓いはまんま神道ぽかった)の姉妹のシリーズで本が何冊か出てるっぽいので読んでみたい。
イメージとしては小野不由美の悪霊シリーズみたいな感じっぽいのかなぁ? まぁあれだよね、悪霊とかでなく荒神系って人の力で祓うのはかなり厳しいっての、よくあるストーリー展開だよね(; ・`д・´)ナルも結局<海から来た何か>は祓えなくて祟られまくって終わった覚えが…←身も蓋もない

そもそも神道・陰陽道・仏教・修験者・神楽・ムーダン・ユタなどなどの監修がモノホンな人らがやってるんで凄いってので観に行ってきたのですが、國村隼の「哭声」でムーダンも見てたから「あ、あれ韓国のだ」って判ったけど、なんも下知識無かったら謎の舞踊集団だよねーw 

ラストはスッキリしません。誰が悪いのか、そもそも誰か悪いものなんかいたのかも判りません。<山から来た何か>と闘うんですけど、「噛み傷」って結局『神傷』ってことだったのかな?山と言えば…荒神ですよねぇ、にょほほ。

で、この流れでこの話するとホント私怪しい宗教関係者のようですけど、今年も千代田神社、節分の厄祓い人形受け付けてま~す!('ω') …自治会の神社総代なだけだからね、うち神棚もない罰当たりな無神論者よ! 気晴らし程度に厄払いしたい人や紙人形に厄押し付けるとか厨二魂に火がつくじゃん!って人、是非お声かけてね!
Twitter プロフィール
のんちゃんの自由気ままツイッター
記事検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
  • ライブドアブログ