狐につままれる日常

土佐っ子の旦那様と居候の猫と長毛秋田犬に時々トイ・プーな、てんやわんやの獣くさいブログ。※記事の画像はクリックで大きくなります。たぶん。

薀蓄

TOO MUCH PAIN



ブルーハーツで一番好きな曲かも。
ラブソング好きなんかな~(きゃ、女の子っぽい♪)

ブルーハーツはもともと嫌いな方でもなかったけど、30超えたら妙に染み入るようになったりした。

結論:雨の日はYOUTUBE率が上がる。

新説

私  14日説
父(故人) 15日説
兄  13日説
従姉 忘れた(本人談)

ここに来て新説 叔母の16日説!

うちの母親の命日の話。

ごめんなさいごめんなさい、お母様。
こんな馬鹿家族ばっかりでごめんなさい。しかもうちの旦那は「あんたんとこのお母さん、お父さんがなくなる二年前に死んだんじゃなかったっけ?」って、6年前だよ!!笑 そんなにすぐ殺すな!(*´∀`*;)

でも絶対14日だと思うんだよね~私は(。・ω・。)法事まであと何年?

でもさ、正直なところ思うんだけど法事とか葬式とかって風習、もうやめたほうが良くない?
普段信心も何もないくせにどうして葬式とかすんのさ。お別れ会程度でいいじゃん。法事とか面倒でしかなくない?あたしゃ~していらないわ。信心あって、普段から仏に帰依しとるとかなら別だけどさ。
キリシタンでもないのに教会婚とかもおかしいわ。

ええやん、勝手に生まれて勝手に結婚して勝手に死んでったら・・・

私が死んだらそのままただ燃やしてくれと旦那様にはよく伝えておこう。

IE8とGoogle chrome

YOUTUBEに急に動画のアップができなくなり、セキュリティのエラーだと出ました。
それでもセキュリティ無効にしてもやっぱりダメ・・・ググって調べたら「IE8にYOUTUBEが対応しなくなった」だとぉ~~! ゚(゚´Д`゚)゚なんじゃそれぇぇぇ

一旦諦めてニコ動に登録してみるも使いにくいっ! しかもアカウント持ってないとブログの埋込みとかも見れない人がいる。。。入場制限とかぁ~ かなり不自由だよね。
仕方がないので推奨される Google chromeをダウンロードして使ってるんだけど、慣れないからか使いにくい・・・

お気に入りがすんごい使いにくいのね、これ。
一応うちの社長がそれ用にいろいろと便利な機能選択して揃えてくれたから、お気に入り一覧みたいな奴があるんだけど・・・めっっっっっっちゃ!!!使いにくい!!!

慣れの問題なんかな~(~_~;) 慣れの問題でありますように・・・

天谷これ 正しい犬の飼い主入門「都会の犬はたいへんなのよっ!」

120411_224630 アマゾンで書評を見て面白そうだったので買ってみた古本。
送料込みで300円くらい。まぁそんな値段だから買ってみようと思ったんですけどね^^;あんまりこの手の本って読まないから…そもそもが小型犬の飼い主の本が多いし。

天谷これさんは秋田犬オーナーなのです。んで、普段のあれやこれを「変な飼い主との事件簿」としてエッセイ風に書いているものなんですが…

2006年刊行なのでそこまで古い本でもないと思うのですが・・・なんというか…少々(?)『それはお前もいかんやろ!?』と思うところがチラホラ…

まぁ私も決して言葉がお上品な方ではないので同じように読んでる方に不快な思いさせているかもしれませんが、文章がずっと罵倒口調なんですよね…それがまず不快…。

事実に基づいた本だとしても書き手側(編集・出版社も含めて)は読み手が面白いと思うように多少誇張・脚色して書くことはあります。・・・だとしても!!
なんていうかさぁ…全編通して「私のやりたい事に文句つけるな!」ってムードがプンプンで…小型犬オーナーさんだったり郊外のオーナーさんだったりの特徴には散々文句をつけているのに、自分が何か言われた事に関しては「大型犬なんだから当たり前だろ!」「日本人なのに日本犬のことくらい知っとけ!」と勝手すぎますなぁ。。。

確かに相手が悪いエピソードもたくさんあるんですけどね。犬が嫌がってるのに追い掛け回して噛み付かれ、犬をぶん殴る自称元ドッグトレーナーの白人とか(このガイジンは本人曰く過去にも何度も犬に噛まれ、殴り…うち一匹は殴り殺したらしい。トレーナーに向いてないよね…? 噛まれるって犬に携わる人には恥だよ恥。いまどきトリマーだって噛まれる=未熟だと承知してるよ)自分とこの犬が噛んだにもかかわらず「うちのが噛まれた、血が出てる」と言って永久に賠償金をゆすり続けるオバハンとか。

でもさぁ、公園で秋田犬のブラッシングしてんじゃないよ。そしてそれを注意してきたオバさんに「こっちだってわざわざ人の少ない公園選んでる」「拾えばいいんでしょう!拾えば!!」「ああいうのがヒステリーって言うんだよ~怖いね~~!(と聞こえるように叫ぶ)」って…開いた口が塞がらんわ。(。・д・。)
秋田飼ってるからわかるけど、ダブルコートの抜け毛って半端無いじゃん。この人は「あんたのトイプーは毛の抜けない種類だからこっちの気持ちがわからないんだ、凄い量出るんだぞ!!」って言ってるけど、だからダメなんだろうがよ!!! 部屋でやったってとんでもない量で辟易するでしょう? それを外でブラッシングしたら辺りがエライ事になるってどうして判らないのかなぁ。外でブラッシングしてる人は必ずと言っていいほど毛もそこで捨て置いていく。そもそも舞うものなんだから、風のある場所でやっちゃダメでしょう・・・拾いきれてる訳が無いじゃん。
 何で他人の迷惑考えないの? 部屋でやったら部屋に散るからって理由で人が公園で腋毛剃ったりしたらイヤでしょうがよ!!

そして・・・この本の筆者とその周辺…当たり前のように公園でノーリードで遊ばせているんす。(成長につれノーリードに出来なくなった哀切とかが書かれている)も・ち・ろ・ん、その公園ノーリード禁止。それを皆知っていてやってる。

あぁ許せない・・・6年も前の話だ、と言われても許せない。
折りしも今日ニュースで公園でノーリードで犬を遊ばせた挙句(過去に何度も公園職員に注意されていた)飼い犬が学生に噛み付き、逮捕された飼い主の報道がされていました。
もうね、バンバン逮捕したらいいんです、ノーリードは!(。-`人´-。)ムッカ~~☆ 噛んだ犬(ドーベルマン)は写真公開されていた時、すっごい不安そうな表情してたよ。口輪されて、知らない人に囲まれて写真撮られて…不安だったろうね。どんなに可愛がってたか知らないけど、飼い主の無知だとか未熟だとかが要因で犬は犠牲になるんだよね。
まぁ結局…一番イヤなのはこれで「やっぱり大型犬は…」と言われることなんだけどね…Orz そういう意味では私も自分と自分とこの犬のことしか考えてないわけだが。。。

ま、子育てと同じでね…どこの飼い主と会っても「あなたの育て方は逐一全てが素晴らしい!!」とは絶対にならないんだよね。
口には出さなくても心の中で「それはこうした方がいいんじゃ・・・」「それはあかんでしょ」「えっそんなことさせるの!?」みたいなのってみんなあるんだと思う。自分も多分他人にはそう思われている。自分自身は「一番正しいこと」をやってるつもりでもネ。
でも一頭一頭違う個性があって、違う対応が求められる。望まれることだって各家庭で違う。それなら全てが同じ育て方なわけ無いじゃん、同じ躾方なわけ無いじゃん。

「これはいかん」と思うた事は反面教師に、「そうじゃそうじゃ、まっことまっこと!」と思うた事は取り入れて行けばいいんだろうなぁ。
 ムカムカしながらも300円分くらいは楽しんだ本でした。いやでも、いかんで、しかし!!

めぐり合い

実家の斜向かいのマルチーズのアルちゃんが年明け少しして亡くなったらしい。
正月に帰ってなかったから最近聞いたんだけど…

もともと持病で内臓疾患があって、体重も2kgちょっとしかない小さな子だったのね。
飼い主さんが山大(それまであんまり知らなかったんだけど、山口大学の獣医学部は全国でも指折りのとこらしいよ)に足しげく通って、普通なら諦めてるような医療も手厚く受けて(何年かは年間50万円くらい手術や治療だで医療費かかってたらしい)、元気に過ごしてた。
妹も出来て、食欲も増して毎日楽しそうに遊んでたらしいんだけどね。何もしなかったらきっと思い出を作る暇も無く天に召されていた子だったんだろう、アルちゃんは飼い主さんに愛されて、本当に幸せだったと思う。

野菊も一回だけ逢ったね。アルちゃんはパパに抱っこされてた。のんちゃんはアルちゃんのパパに撫でてもらいたくて、でもアルちゃんがイヤで近寄れなくて…。笑 困ったやつだ~

結局何歳だったんだ? 小型犬だもん、何にも無かったら15~20年が寿命のはずだよね。多分5年くらいかなぁ。

大型犬はだいたい8~13年。
近所のバーニーズは7歳で亡くなった。獣医さんで出会ったハスキーは19歳だった。個体差は大きいね。

いつか野菊だって福豆だって私たちよりも(多分)先に逝ってしまう。でもそれは自然なこと。飼い主よりも長生きしてしまうペットの方がきっと大変なんだ。飼い主に看取られるのは幸せなこと。。。
短い大型犬の寿命は天命。判っているからこそ色んな経験をさせたい色んな遊びをしたい色んなところに一緒に行きたい、一日一日を噛み締めて全部を素敵な思い出にしたい。

折りしもいつも見てるブログの主さんとこで、愛犬のオペが続く。動物の保護が続く。

健やかに過ごせるようにと手を、愛情をかけてもらっている子と、優しい保護主さんに運良く救ってもらえた命を見ると何とか全てが良い方向に進むようにと祈ってならない。

ラッキー君とこのうさぎさんはあいにく力になれなかったけれど、天天ちゃんとこのネコさんはうちの社長のところと話がまとまるかもしれない様子。ゴエモンと仲良くやれるといいなぁ(。-人-。)
前に向日葵さんとこの保護猫さんの里親募集で、里親詐欺との戦いがあったので…ついつい警戒してしまう。。。愛護団体の里親条件とか読むとね~「こんな条件で里親なんか見つかるわけね~だろ!」と言いたくなるのもあったりするけど…やっぱり探す側に立つととにかく慎重に念には念を入れて…ってなるのも判る気がするんだよね。

 皆いい人にめぐり合えますように!! 
Twitter プロフィール
のんちゃんの自由気ままツイッター
記事検索
最新コメント